Publisher is the useful and powerful WordPress Newspaper , Magazine and Blog theme with great attention to details, incredible features...

ベトナム外商銀行[ベトコムバンク]

0

4,734 total views, 12 views today

ベトナム外商銀行[ベトコムバンク]

JSC Bank for Foreign Trade of Vietnam

ベトナムの商業銀行大手

1963年にベトナム中央銀行の外国為替管理局から分離し 設立された、旧4大銀行のひとつ。2018年の総資産は1073兆ド ン、貸出金残高は633兆ドン、預金残高は802兆ドンといずれも 業界第3位。また、ベトナム評価レポート社(ベトナムレポート) によると、財務能力やメディアの信頼性、商品ラインナップ、顧 客満足度に基づいて抽出される、信頼性の高い商業銀行ラン キングにおいて、2017年以降2年連続で首位を獲得している。 2011年に日本のみずほ銀行が資本参加し、筆頭株主のベトナ ム中央銀行の75%に次いで、15%の株式を保有する。

2018 年は過去最高益

2018年12月期本決算(速報値)は、経常収入が前年比 33.6%増の39兆2883億ドン、純利益が同61.1%増の14兆6415 億ドンと過

去最高益を記録。貸出金残高が同16.4%増加する 中、預貸金利ざやが前年の

2.66%から2.95%に拡大したことで、 経常収入の7割超を占める金利収支が同29.5%増となった。 加えて、各種業務手数料や外国為替収支の増加、他の金融 機関からの資金引き揚げによる利益計上なども寄与し、非金 利収支も同45.7%増と好調だった。そのほか、不良債権比率 は0.98%と、国内の銀行として初めて1%を下回った。さらに同 行は、2019年に国営銀行として初めてバーゼルⅡを導入する。 これに先立ち資本増強のため、1月にみずほ銀行とシンガポー ルの政府系ファンドGIC向けに第三者割当増資を実施した。

 ベトナムの経済発展を背景に高成長を期待

国際決済業務に強みを持つ同行は、世界各国の大手銀行 と取引関係があるほか、国内の大手国営企業とも密接な関係 も持つことから、引き続きベトナムの経済発展や貿易拡大の恩 恵が期待される。また一般に、経済発展の初期段階では企業 向け融資が拡大し、都市化や所得

水準の向上に伴って個人 向け融資が活発化する傾向がある。ベトナムでは未だ個人の 銀行口座保有率が約6割と低く、今後個人向け事業の拡大も 見込まれる。特に同行は、全国を網羅する営業ネットワーク(支 店、ATM、カード決済端末(POS)など)に加えて、クレジットカ ードの発行枚数で3割、決済量で4割超のシェアを持つほか、e バンキングでも国内最大の口座数を確保するなど、個人向け サービスにも注力しており、成長の機会は多いだろう。

Leave A Reply

Your email address will not be published.