Publisher is the useful and powerful WordPress Newspaper , Magazine and Blog theme with great attention to details, incredible features...

テクニカル分析:ボリンジャーバンド

0

2,070 total views, 15 views today

ボリンジャーバンド

標準偏差と正規分布の概念が用いられているボリンジャーバンドは、高校や大学受験の「偏差値」をイメージしていただければわかりやすいと思います。平均(受験だと偏差値50)からどれくらい値動き(受験だと点数)にバラつきがあるかを標準偏差で算出し、値動きの収まりやすいレンジが一目でわかりやすいように表示されています。

ある一定の確率で値動きが収まりやすいレンジを『σ(シグマ)』と呼び、平均値からみて上のレンジを+1σ、下のレンジを-1σと呼びます。これを2倍したものが+2σ・-2σになります。

[図]

正規分布の理論によれば、この+1σ、-1σに収まる確率は約68.2%、+2σから-2σに収まる確率は約95.4%です。

これを偏差値で表わすと、±1σは偏差値60と40、±2σは偏差値70と30になるようです。多くが±1σに収まり、±2σに達することが珍しいケースということがわかります。

正規分布のグラフ

ボリンジャーバンドの使い方

主な活用法としては、「+2σを越えたら上昇し過ぎなので売り、-2σを越えたら下落し過ぎなので買い」といった見方ができます。ただし、あくまでも±2σに入る確率が95.4%ですので、そうでない可能性も4.6%あると言えます。
根本的な対応策は、例外的な値動きもあるという前提のもとで、ボリンジャーバンドを使うことです。ほとんどの値動きは±2σに入りますが、そうでない時に耐えられる投資の範囲にとどめることが肝要でしょう。

Leave A Reply

Your email address will not be published.