Publisher is the useful and powerful WordPress Newspaper , Magazine and Blog theme with great attention to details, incredible features...

[新着情報」ヴィエティンバンク(CTG:HOSE)

0

1,042 total views, 2 views today

Vietnam JS Commercial Bank of Industry and Trade

ヴィエティンバンク(CTGHOSE):増資は成長の主要な推進力

会社情報について詳しくはこちらをご覧 下さい。 

SSI 証券ー外国人対応: Nguyen Thi Ngoc Giau, giauntn@ssi.com.vn

1年間の目標価格:27,200ドン/株

アップサイド:+21.4%

現在価格(2020年5月27日):22,400ドン/株

株主総会の重要なポイント

・総会は、CTGの信用成長目標を4%~8.5%の範囲で、総資産成長を1%~3%の範囲で、預金成長を5%~10%の範囲で承認した。NPLは2%未満をターゲットにしている。 2020年のPBT目標はまだ確定されていない。なぜなら、それはCovid-19パンデミックがどのように進展するかと銀行の資本状況の両方に依存するためである。銀行は2020年上半期の税引前利益が前年比12.5%増で6兆ドンに達成すると予想している。

・2020年の焦点は継続的な不良債権の解決である。経営陣は、残りのVAMC債券(5.36兆ドンの純残高、総貸出残高の0.58%占め、年初来13.4%減)、および不良債権の増加(1.83%、年初来56.4%増)を清算するために引当金を準備していると強調した。信用の伸びが停滞しているため、2020年の信用コストが上昇すると予測している。

・経営陣は、2020年に、 NIMが減少すると予想している。原因は次のとおりである。

(1)       コロナの影響を受けた企業を支援するための経済刺激パッケージによって課される貸出金利の低下

(2)       CARレベルを改善するために劣後債が追加に発行されるため、資金調達コストが増加する

・銀行は現金配当を支払わずに、2019年のすべての利益を保持することを政府に提案した。

2020年第1四半期の業績ハイライト:不良債権が増加

・第1四半期では、グループ3の債権(返済能力が標準以下の債権)がほぼ4倍になり、不良債権残高が6.1兆ドン増加し、前年比で56.4%増加した。延滞ローンの残高は8.4兆ドン増加し、年初来51%増になった。 NPL比率は、2019年の比較的堅調な1.16%から1.83%に急上昇した。

・VAMC債券を含めると、不良債権比率と不良債権残高に対する引当率(LLC)は、2019年のそれぞれ1.8%と76%から2020年第1四半期に2.4%と59%と大幅に悪化した。

経済刺激パッケージの影響

2020年の第1四半期末までに、CTGは3,000名の顧客に0.5%~1.5%の金利引下げを適用し、これらの顧客の貸出残高は60兆ドンで、銀行全体の貸出残高の6.5%に相当していた。同時に、18兆ドンの貸出残高は、通達01に従って再編され、銀行貸出総額の2%を占めていた。これにより、資産利回りが前四半期比24 bps低下し、NIMが前四半期比13 bps低下して2.83%になった。 CTGは、第2四半期から新しい大規模な経済刺激パッケージも提供していた。これは、将来の利息収入に影響を与え、将来の引当金の上昇をもたらす。会長によれば、2020年の債務再編と金利優遇プログラムによる総収入損失は3〜4兆ドンと推定されている。

評価観点

Covid-19の影響を反映するため、CTGの利益の予測を前年比21.7%減の9.22兆ドンに下方修正した。2021年には、CTGは税引前利益が前年比45.5%増の13.42兆ドンに達成すると予想している。2020年および2021年のROAEは、それぞれ9.4%および12.8%と予測されている。一株あたり23,050ドンの現在価格で、CTGはそれぞれ1.06xと0.98xの2020年P/Bと2021年P/Bで取引されている。1年間の目標価格は、1株あたり27,200ドンである。アップサイドは18.0%であるため、「OUTPERFORM」という推奨を維持する。

Leave A Reply

Your email address will not be published.