Publisher is the useful and powerful WordPress Newspaper , Magazine and Blog theme with great attention to details, incredible features...

Saigon Beer – Alcohol – Beverage Corporation (SAB: HOSE)

0

1,154 total views, 1 views today

アナリストとの会議およびビール業界の情報更新

SAB のアナリスト会議の要点は次のとおりである。
・2020 年第 1 四半期に、SAB は純売上高と純利益はそれぞれ 4.9 兆ドン(前年比 47.4%減)と 7,170 億ドン(前年比 44%減)であった。2020 年第 1 四半期の業績の低下は、Covid-19 の流行と政令 100 号の影響によるものである。しかし、経営陣は、業界全体よりも宅配チャネルでの販売量が多いため、2020 年の第 1 四半期でも SAB がより多くの市場シェアを獲得することを強調した。同社はまた、オフトレードチャネル(スーパーマーケットや雑貨店など)が成長の主な力になり、SAB には現代の販売チャネルを改善する余地がまだあると述べた。さらに、SABはまだ独自の電子取引チャネルを開発していない。
・粗利益率は、原材料費の削減により、2019 年第1 四半期の 23.5%から 2020 年第 1 四半期の 27.6%に大幅に改善された。SAB は、Covid-19 の流行により、営業活動と経営管理に一連の変更を加えた。
・経営陣はまた、最近、市場の前向きな兆候が現れたため、第 2 四半期にはより良い業績を期待している。

ビール業界の情報更新
・政令 100 号の実施:コミュニティで Covid の伝染病が広がるのを恐れて、アルコール濃度の検出を一時的に停止した後、政府は、Covid の流行がベトナムでうまく制御されたときに、アルコール害防止法および政令 100 の施行を再開するように指示した。最近、交通警察局は、2020 年 5 月 15 日から 2020 年 6 月 14 日まで路上車両をコントロールする計画を発表した。
・総統計局によると、総ビール消費量は 2020 年の最初の 4 か月で前年比 24%減少し、112 万リットルに達した。
BHN のビール販売量は前年比 56%減少したが、SAB の生産量の減少はより少なく、業界の減少と同等と SAB の取締役会が共有していた。

予測調整
2020 年の純売上高と純利益の予測をそれぞれ 27.96 兆ドン(前年比 26%減)と 4.25 兆ドン(前年比 20.9%減)に下方修正した。 2021 年は、販売量が再び増加すると予想している。2021 年には、ビールの消費量が前年比 23%増加し、平均販売価格が 2%上昇することにより、純売上高は 35.1 兆ドン(前年比 25.6%増)、純利益は 5.01 兆ドン(前年比 17.9%増)に達すると予測している。

評価と推奨
1 株当たり 172,200 ドンの現在価格で、SAB は 28.8x の 2020 年 P/E および 24.5x の 2021 年 P/E で取引され、30xの過去平均 P/E を下回っている。業界平均 P/E(32x)より 7%低い目標 P/E(30x)に基づいて、1 年の目標価格は 191,000 ドン/株に上方修正し、現在の価格と比較して 11%増加する。したがって、SAB に対する推奨を「OUTPERFORM」から「MARKET PERFORM」に修正した。
価格上昇リスク:SAB のビール製品の需要は予想よりも強く増加すること。
価格低下リスク:流行後、消費量は予想よりも低くなること。

2020 年の最初の 4 ヶ月でベトナムのビール業界を情報更新
政令 100 号の実施:コミュニティで Covid の伝染病が広がるのを恐れて、アルコール濃度の検出を一時的に停止した後、政府は、Covid の流行がベトナムでうまく制御されたときに、アルコール害防止法および政令 100 の施行を再開するように指示した。最近、交通警察局は、2020 年 5 月 15 日から 2020 年 6 月 14 日まで路上車両をコントロールする計画を発表した。これにより、店頭での飲酒による消費量が再び減少すると考えている。ただし、消費者は、飲酒後に非運転規則にも適応し、他の多くの国と同様にこの規制に準拠すると考えている。
総統計局によると、総ビール消費量は 2020 年の最初の 4 か月で前年比 24%減少し、112 万リットルに達した。BHN のビール販売量は前年比 56%減少したが、SAB の生産量の減少はより少なく、業界の減少と同等と SAB の取締役会が共有していた。

ベトナムでの月間ビール消費

ベトナムで上場しているほとんどのビール会社は、2020 年第 1 四半期に深刻な影響を受けた業績を記録した。第 1 四半期に BSL、BSH、BSP、THB、HBH、HAD を含む 14 の醸造所のうち 8 つが損失を被った。政令 100 と COVID ウイルスの流行は、業界に打撃を与えた。

アナリスト会議
SAB は最近、アナリストとの会議を開催し、2020 年第 1 四半期の業績に関する最新情報を提供した。以下は、会議の要点である。
2020 年第 1 四半期では、SAB の純売上高と純利益はそれぞれ 4.9 兆ドン(前年比 47.4%減)と 7,170 億ドン(前年比 44.4%減)であった。2020 年第 1 四半期の業績の低下は、Covid-19 の流行と政令 100 号の影響によるものである。
・売上高は前年比45%減少した。この売上高は、小売代理店および卸売代理店(ディストリビューター)との取引によるものである。売上高の減少は、3つの要因(COVID19の流行、政令100、および中国の所有権に関するフェイクニュース)によるものであった。最大の原因であるCOVID-19流行は店頭での飲酒による消費量に直接影響してた。SAB は Tet の前に 2019 年の第 4 四半期に代理店への多くの販売を促進した。経営陣は、業界全体よりも宅配チャネルでの販売量が多いため、2020 年の第 1 四半期でも SAB がより多くの市場シェアを獲得することを強調した。
・SABの関連醸造所向けパッケージ用品の売上高は、前年比61.4%減少した。これは主に、SABがCOVID流行の状況に応じて在庫を管理し、生産計画を立てる必要があるためである。
粗利益率は、原材料費の低下(IndexMundi によるとモルト価格は前年比 4%減、アルミニウム価格は前年比 10%減となった)により、2019 年第 1 四半期の 23.5%から 2020 年第1 四半期の 27.6%に大幅に改善された。原材料を適正価格で購入する契約は、年間を通じて利益率を維持するために重要である。また、ガソリン価格の急落により輸送費も減少した。
さらに、SAB は生産性の向上、運用コストの削減、家主との交渉を努力していた。SAB は、Covid-19 の流行により、同社が営業活動と経営管理に一連の変更を加えたことを述べた。
法人所得税率は、引当金の一部は税金を控除されないため、第 1 四半期に 24.2%に上昇した。
経営陣は最近、市場の前向きな兆候が現れたため、第 2 四半期にはより良い業績を期待している。同社はまた、オフトレードチャネル(スーパーマーケットや雑貨店など)が成長の主な力になり、SAB には現代の販売チャネルを改善する余地がまだあると述べた。さらに、SAB はまだ独自の電子取引チャネルを開発していない。

予測更新

2020 年の予測
2020 年の純売上高と純利益の予測を、27.96 兆ドン(前年比 26%減)と 4.25 兆ドン(前年比 20.9%減)に下方修正した。2020 年後半の販売量は、消費者が運転中の飲酒禁止に関する法令 100 に準拠するよう消費行動を調整すると、前年比15%減少すると予測している。オフトレードチャネルからの収益は改善し、オンプレミス販売チャネルの収益を部分的に相殺すると考えている。レストランや飲食店での消費については、消費者は実際に外食習慣に戻ってきたが、消費量はパンデミックの前よりはるかに低くなっている。夏(今年は非常に暑いと予想)にはビールの消費者が増える。ただし、5 月から 6 月までに政令 100 が引き締められた場合、レストランや飲食店などの売上高は一定のレベルを超えなくて、この課題を注意深く監視する必要がある。
最近、オフトレードチャネルでの売上を増やすため、同社がいろいろ取り組んだ。SAB は、小売代理店に多くのインセンティブを提供し、消費者に魅力的なキャンペーンを提供していた。今年の平均販売価格は上昇しないと推定 されている。主に原材料価格の低下とコスト削減策により、利益率は維持される。

2021 年の予測
2021 年は、販売量が再び増加すると予想している。2021 年には、ビールの消費量が前年比 23%増加し、平均販売価格が2%上昇することにより、純売上高は35.1兆ドン(前年比25.6%増)、純利益は 5.01兆ドン(前年比17.9%増)に達すると予測しているボーナスと福祉基金に純利益の 5%を割り当てた後、2020 年の EPS と 2021 年の EPS はそれぞれ 5,975 ドンと7,031 ドンになると予測している。

投資観点
1 株当たり 172,200 ドンの現在価格で、SAB は 28.8x の 2020 年 P/E および 24.5x の 2021 年 P/E で取引され、30xの過去平均 P/E を下回っている。業界平均 P/E(32x)より 7%低い目標 P/E(30x)に基づいて、1 年の目標価格は 191,000 ドン/株に上方修正し、現在の価格と比較して 11%増加する。したがって、SAB に対する推奨を「OUTPERFORM」から「MARKET PERFORM」に修正した。
価格上昇リスク:SAB のビール製品の需要は予想よりも強く増加すること。
価格低下リスク:流行後、消費量は予想よりも低くなること。

Leave A Reply

Your email address will not be published.