Publisher is the useful and powerful WordPress Newspaper , Magazine and Blog theme with great attention to details, incredible features...

Mobile World Investment Group (MWG: HOSE)

0

626 total views, 1 views today

来店メモ:DMX Supermini – 市場シェアをさらに高めるための戦略

私たちは最近、MWG が主催するタイニン省の MWG 店舗フィールドトリップに参加した。そこで同社が DMX スーパーミニストアの新しい形式を紹介た。以下は、この新しいビジネスモデルに対する私たちの見解である。

まとめ
競争力を強化するために市場シェアを拡大し続ける。家電小売業界での競争が激化する中、この戦略は、MWG がより多くの市場シェアを獲得するのに役立つ。MWG が農村地域でより大きな市場シェアを獲得できると、MWGはマージンを改善するためのメーカーとの交渉力を強化できる。これにより、主に都市部に存在する電子商取引および現代取引チャネルと比較して、競争上の優位性を強化させる。私たちの意見では、MWG の物流リソースと店舗ネットワークが競合他社よりも優れているため、この新しいビジネスモデルの展開は競合他社にとって簡単なことではない。

DMX Supermini は、次の理由により、より高い利益率を達成することができる。(1)利益率の高い製品(台所用品および家電製品)がより多い、(2)賃料と人件費がより低い、(3)既存の流通センターを利用することができる。

遠隔地の農村地域にある主な競争相手は、MWG よりもはるかに小さい規模と弱い財務能力を持つ小さな店舗である。これらの店舗はまた、流動性とソルベンシーの問題による影響を受けやすいため(特に新型コロナウィルス流 行の中)、市場を去る可能性が高くなる。

短期的には、世帯収入が低く、新型コロナウィルス流行の影響を大きく受けている農村地域では、非必須品に対する需要について懸念している。ただし、今後 2〜3 年間で、未開発の農村地域は、MWG が家電製品の市場シェアを 2019 年の 38%から 60%に増やすのに役立つと考えている。

1 店舗当たり月次売上高が 11 億ドンで、同社は 2021 年末までに 1,000 店舗を所有すると仮定すると、これらの店舗は 13 兆 2,000 億ドンの年間売上高をもたらす。したがって、MWG は市場シェアを 10%増やすことができると予測している。出店進捗状況と DMX Supermini の 1 店舗当りの月収を注視していく。利益は評価中。

2019 年、MWG は家電製品の市場シェアを 38%保持し、市場に参入してから 7 年後、全国の 63 ヶ所の都市および地方に店舗を構えていた。DMX ストアは、主にすべての地方の中央場所にあるが、消費者が通常、個人事業主の小さなお店で家電製品を購入する農村・村などの周辺地域をすべてカバーしていない。市場シェアを拡大するには、MWG はこれらの小さな店舗から顧客を引き付ける必要がある(現在、MWG によるとこれらの小さな店舗の市場シェアは約20%)。しかし、現在の店舗ネットワークでは、新しい顧客を引き付けるのは非常に難しく、消費者は最寄りの DMX 店舗に到達するためにかなりの距離(あり場合 20 km 以上)を移動する必要がある。また、同社が中心の所に新しい店舗を開店し続け、競合他社が市場を去らない場合、これは既存店舗間の収益共食いにつながる可能性がある。その結果、MWG は離れた場所には新しい店舗モデルである DMX Supermini 店舗を立ち上げた。
これは、既存の店舗の売上の減少を防ぎ、消費者の移動距離を減らすためである。それにより、同社はより多くの市場シェアを獲得することができる。

これまでに、MWG は約 28 ヶ所の DMX Supermini 店舗をオープンした。経営陣は、南西部および南東部地域に2020 年 10 月から 12 月に毎月に 70〜80 ヶ所の DMX Supermini 店舗を開店し、2021 年に全国的に拡大すると述べた。MWG は 2022 年に家電製品業界で 60%の市場シェアを獲得することを目指している。

DMX Supermini 店舗のモデルおよび DMX 店舗のその他モデル

製品構造:台所用品や家電製品は基本的な必需品で、DMX Supermini ストアの総売上高の 20〜25%を占めている(他の DMX ストアのこの割合は 10〜15%)。その他の製品カテゴリには、携帯電話とアクセサリ、電子機器と時計が含まれる。
価格:DMX Supermini は、同じ製品で他の DMX ストアモデルと同じ価格とサービスを提供している。ただし、会社は、農村地域の世帯収入に合わせて、同じカテゴリー内のより手頃な商品を含めるように製品構造を調整した。たとえば、家電製品のカテゴリでは、DMX Supermini は多くの独自ブランドの製品をより安い価格で販売している。
より高い利益率:パイロット期間中の 1 店舗当たりの月次売上高は 11〜12 億ドンで、他の DMX 店舗モデルよりもはるかに低い。より低い売上高にもかかわらず、高いマージンのある製品(台所用品および家電製品)の比率がより高いため、DMX Supermini 店舗の粗利益率はより高くなると予想される。また、MWG の既存の物流リソー スが利用できることに加えて、人件費と賃料がより低いため、営業利益率も高くなる可能性がある。

DMX スーパーミニストアと近隣の個人経営店

より幅広い製品範囲。MWG はより強力な財務能力と製造業者との交渉力を持っているため、同社はより幅広い製品範囲を提供でき、多様な顧客需要を満たすことができる。

消費者融資の優位性。MWG は金融機関と協力して、顧客に分割払いで購入するための消費者融資を提供しているが、個人経営店舗ができない。テレビ、エアコン、冷蔵庫、携帯電話などの高額商品の場合、顧客は分割払いで購入することを好む。したがって、分割払い購入サービスを提供することは、DMX スーパーミニ店舗に顧客を引き付ける 1 つの要因でもある。また、高額商品の場合、カード払いが現金よりも優先されるが、個人経営店舗はカードによる支払いをほとんどサポートしていない。

価格:DMX Supermini の製品は、地方の個人経営店舗よりも価格が高くなっている。ただし、配送、設置、保証サービスなどのフルサービスパッケージが付属している。

より楽しいショッピング体験。たとえば、エアコンの場合は価格が各製品に明確に表示され、体験エリア・スーパ ープロモーション専用エリアが設置されている。

Leave A Reply

Your email address will not be published.