Publisher is the useful and powerful WordPress Newspaper , Magazine and Blog theme with great attention to details, incredible features...

畜産業とDBCの最新情報

0

130 total views, 1 views today

畜産業とDBCの最新情報

統計総局によると、2022年最初6か月で、豚生体の生産量は210万トンに達した(前年比5.7%増、第1四半期は前年比4.3%増、第2四半期は前年比7%増)。小規模農家はASFウイルスを完全に制御していないが、これは豚生体の総供給量に大きな影響を与えない。ワクチン接種の実施は、パイロット段階の完了後、来年開始される予定である。

豚生体の価格は2022年最初6か月で前年比25%下落した。学校、工場、レストラン、観光活動は完全に再開されていたにもかかわらず、豚生体の価格は逆転の兆しを見せ始めたが、2022年第2四半期にはそれほど大きくはなかった。現在の豚生体の価格は約58,000〜63,000ドン/キロである(年初と比較して10〜15%増)。

とうもろこし、小麦、大豆などの原材料の価格は、年初に比べてそれぞれ26%と18%、25%上昇した。飼料費は年初に比べて20%増加し、これは小規模農家だけでなく大きな農場にも影響を及ぼしている。飼料費は総生産費の75%を占めるためである。政府は2021年12月以来、小麦とトウモロコシに対するMFN税を引き下げたが、ロシアとウクライナの緊張により、インフレを低く抑えることができない。小規模農家の生産費は55,000〜60,000ドン/キロと見積もられ、農場の費用は50,000ドン/キロと見積もられている。2021年第3四半期~2022年第2四半期まで、豚生体の価格はわずか約39,000〜55,000ドン/キロであり、ほとんどの小規模農家は利益を記録しない。

見通し経済活動の再開以来、需要は急増していない。OECDのデータによると、ベトナムの1人当たりの豚肉消費量は2018年の31.4キロ/人から2022年の26.8キロ/人に減少し、新型コロナ流行前のレベルを上回った。一方、今年は合計2,820万頭の豚から豚生体の生産量が400万トンになると予想され、供給が不足する可能性は低いだろう。テト期間中であっても、豚生体の価格が劇的に上昇することはないと予測している。豚生体の価格は2022年後半に約65,000〜70,000ドン/キロ(前年比30%増)に達すると予測している。また、とうもろこし、小麦、大豆などの原材料の価格がピーク時からそれぞれ7%と30%、8%下落していた。飼料生産コストは横ばいで、2022年第4四半期に減少し始めると予測している。その結果、2022年下半期には飼料生産コストが下がる一方、豚生体の価格は年末にかけてゆっくりと上昇すると予想される。畜産会社は2022年後半に回復し始めると予想している。

会社の最新情報

2022年第1四半期には、畜産業のほとんどの企業が業績の悪化を記録し、コストの増加により利益率が低下した。DBCは純売上高の前年比13%増を記録したが、飼料コストの上昇により粗利益率が25.4%から9.0%に縮​​小したため、純利益は前年比98%減少した。HPGの畜産事業は2022年第1四半期に損失を記録し、売上高は前年比28%減少した。BAFは、純売上高と純利益が前年比でそれぞれ38%と6%減少したと発表した。

DBC2022年には、純売上高と税引後利益がそれぞれ12.9兆ドン(前年比19%増)と6,980億ドン(前年比16%減)に達すると予測している。これは、2020年と2021年の実績が高かったためである。2023年には、DBCの純売上高と純利益はそれぞれ139億ドン(前年比9%増)と9,000億ドン(前年比29%増)に達すると予測している。豚生体の平均価格は、2022年に60,400ドン/キロ、2023年に61,600ドン/キロに達すると想定している。27,700ドンの現在価格で、DBC株は9.1xの2022年P/Eと7.1xの2023年P/Eで取引されている。DBC株の1年間目標価格は1株あたり29,900ドンになり、アップサイドが13.7%となり、「OUTPERFORM」という格付けを繰り返す。

Source: SSI Research 
Contact: Nguyen Thi Ngoc Giau
Email: Giauntn@ssi.com.vn

Leave A Reply

Your email address will not be published.